容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

アレン・アイバーソン自伝―もうなにも恐れない

  1. 2010/09/22(水) 15:28:05|
  2. アレン・アイバーソン自伝―もうなにも恐れない|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
アレン・アイバーソン自伝―もうなにも恐れない

「大切なのは身体の大きさではなくハートの大きさ」
どれだけの小さなプレイヤーが彼に勇気をもらったことか。
ありがとう、AI。
井上雄彦(漫画家/『スラムダンク』著者)
NBAの頂点に登りつめたスーパースターがはじめて赤裸々に綴った「誤解」と「挫折」と「再生」の軌跡!



トランプ自伝

  1. 2010/09/22(水) 15:26:44|
  2. トランプ自伝|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
トランプ自伝

トランプ,ドナルド・J.
アメリカ立志伝中の人物である。1946年ニューヨークに生まれ、ペンシルバニア大学ウォートン校ファイナンス学科を卒業。これまで手がけた不動産開発プロジェクトは、国の内外で一流の物件との評価を受けている。たとえばニューヨーク五番街にある世界的に有名な超高層ビルのトランプ・タワー、トランプ・パークアベニュー、パームビーチの歴史的なマール・タ・ラーゴクラブ、ドバイで開発中のパーム・トランプ・インターナショナルホテル&タワーなどがある。また、栄誉ある賞を受賞した4つのゴルフコースやスコットランドで開発予定のゴルフ場は、彼のゴルフに対する情熱の表れだ。さらに、大ヒットしたテレビのリアリティ番組「ジ・アプレンティス」ではスター兼共同プロデューサーとしてエミー賞にノミネートされ、彼の著書は9冊すべてがベストセラーとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



ガンジー自伝

  1. 2010/09/22(水) 15:25:24|
  2. ガンジー自伝|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
ガンジー自伝

真実と非暴力を信奉しつづけ、インド独立運動の精神的指導者として、民衆から聖人と慕われたその偉大な生涯。インド古来の思想を再生し、人間の品位と威厳を示した生きざまが、新たな感動をよぶ。ガンジー自身の筆による自伝的著作には『自叙伝』と『南アフリカにおける非服従運動』の二作がある。彼の死後、ガンジー著作編集委員会は一冊で完結した自伝の必要性を認め、二著作を再編集した新たな『自叙伝』を刊行した。本書はその英語版の全訳である。



マリリンマンソン自伝

  1. 2010/09/22(水) 15:24:09|
  2. マリリンマンソン自伝|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
マリリンマンソン自伝

マリリン・マンソンという、アンチクライストなお騒がせ男が一体どのようにして誕生したか? 彼のアルバム「アンチクライスト・スーパースター」「メカニカル・アニマルズ」の間を橋渡しする一冊。〈ソフトカバー〉




エリック・クラプトン自伝

  1. 2010/09/22(水) 15:23:05|
  2. エリック・クラプトン自伝|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
エリック・クラプトン自伝

クラプトン,エリック
1945年、イギリス・サリー州リプリー生まれ。独学でギターを習得。63年、ヤードバーズに加入し、ギタリストとして音楽活動を本格化。その後、クリーム、ブラインド・フェイス、デレク・アンド・ザ・ドミノスを経てソロに。これまでに『レイラ』『461オーシャン・ブールヴァード』『アンプラグド』など数々の名盤、ヒット作を世に送り出し、合計16個のグラミー賞を獲得。私生活では、親友ジョージ・ハリスンの妻との結婚と離婚、薬物やアルコール依存症、息子がNYの高層アパートから転落死するなど、辛い体験に見舞われるものの、その度にカムバックを果たし、現在も第一線で活躍中。ロックンロール・ホール・オブ・フェイムではただ一人、三度の殿堂入りを果たしている(ヤードバーズとクリームのメンバー、そしてソロ)



DTIブログって?

次のページ